りりさんのつんくchan大好きものがたり

私のなんにもわかっちゃない

全然そうじゃないし、何もわかっちゃないから、邪魔しないで…

 

あなたはいつもそうやって自分の話ばかりして、自分のことばかり考えたりして、時々誰かのこと見たりしてわかってるみたいなこと言うけど、あなたはあなたのこともわたしのこともこの世界のことも、何もわかっちゃない。

(そう!わかってないことをわかってないことが1番怖いからやめて!)

 

適当に笑って話したり、時には鬱陶しくなって不機嫌な顔したりするけど、そういうところに本当のわたしは居やしない。

(だから適当に騙されたりしないで。適当に批判しないでよ)

 

あなたがそうだから、わたしいつだって笑ってるふりして泣いてるし、黙ってるふりして怒ってるんだから。本当に何もわかっちゃないんだね。

(別に期待してないけど、わかってほしい気持ちだってあるのよ、わかるわけがないけどね)

 

じゃあ本当のあなたはどんな顔?とか石蹴りしてくるけど、ああ本当に白けちゃうわそういうの。そんなの教える気があるわけないじゃない。

(でもね、だってね、わたしだってわたしがわからなくなる日もあるのよ)

 

真剣にわかる気もないくせに、何がどうやったらそうなるかとか見る気もないくせに、口先だけで適当なこと言わないでよ。

(とか言って大人ぶっていつも何かと戦っているみたいなわたしが、子供のわたしを置き去りにして泣かしてる)

 

わがままなのも勝手なのも全部知ってる。わたしもわたしでわかっちゃないけど、本当はね、ほんのちょっとだけわかってる。

 

女なら感覚でわかるだろう、守るべき大切なその何かを 

 

人はみな、大人になったら心の中に子供のわたしを棲まわせる。どっちが本当のあなたなのとか聞かれても答える気にすらなれない。

 

女でも迷う日もあるけれど、負けたまま終わるなんて出来ないのよ

 

あなたの「こんな女の子だったら」とか要らない、わたしはわたしの「あたしこんな女なの」を必要とする。

 

 

なにもわかってないならずっと眠ったままいればいい。

 

f:id:ally-de-camellon:20180815194103j:plain